バイアグラの正規品を通販で購入する

ED治療薬の需要は増えている

EDに悩む人にとって心強い見方


今の時代は多くの人がED(勃起不全)に悩んでいると言われています。若いときには将来EDに悩むことなんて考えもしなかったという人もいるでしょうし、今では若い人でもEDになってしまう人が増えています。

一度EDになってしまうと性行為自体がつまらなくなってしまうどころかちゃんと性行為をする事が出来なくなってしまったことで自尊心を傷つけられてしまってしまいます。

夫婦生活が離れてしまうだけで夫婦の関係がギクシャクしてしまうと言われてしまいます。

EDになるだけで男だけではなくてパートナーとなる女性も不満を抱いていました。それでも昔はEDに対しての改善薬がなかったためもう諦めるしかありませんでした。

しかし、アメリカの製薬会社であるファイザー社が世界で初めて勃起不全治療薬を1999年に発売しました。

それがバイアグラなんです。

発売直後から瞬く間に人気になって世界中で注目を集めるようになったのです。世界で最も有名な薬の1つと言ってもいいでしょう。このバイアグラが誕生してことで多くの人が救われました。

日本のED患者は実に1800万人を超えると言われていて重要な社会問題になっていますからバイアグラをはじめとしたED治療薬というのはどんどん注目を浴びることは間違いありません。

海外で開発された薬を日本で認可・製造販売をされるのには非常に時間がかかります。そのため日本の医療技術は他の先進医療と比べると10年、20年も遅れているとさえ言われているほどですが、あまりのバイアグラの人気で海外から個人輸入をする人が急増しました。

しかし、正しい知識を得ないまま使用した人が多くトラブルが多発して日本でも異例のスピードで製造販売が認められるほどでまさに男性が渇望する夢のような薬だったと言っていいでしょう。

バイアグラ=ED治療薬と考えている人もいますが、医療分野というのは日々新しい研究がされていてどんどん新しい薬が研究・開発されています。

バイアグラが誕生したのが1999年ですが、それ以降も新しいED治療薬というのは研究開発されています。

バイアグラの次に誕生したのがドイツのバイエルン社から発売されたレビトラです。

バイアグラの次に開発されたということと有名な先進医療国である、ドイツが開発をしたということで発売前から注目を浴びました。

レビトラの特徴としては圧倒的なスピードで最短服用してから15分ほどで効果を発揮するということでいつホテルに行ってベッドインするのか判断が出来ないという関係であり、急遽ベッドインすることになっても十分間に合います。

レビトラの主成分のバルデナフィルは水溶性であり、胃に入ってすぐに溶けるのでバイアグラよりも早く効果が実感できるといるので1錠は必ず持っていないといけませんね。
他には別名『ウィークエンドピル』と呼ばれる長い効果作用時間があり、最大36時間もの効果を発揮すると言われているのがシアリスです。

バイアグラの効果時間は6時間程度でやレビトラは効果時間は最大で10時間です。

シアリスはその3倍以上の持続時間があるので金曜日の夕方に服用すれば、日曜日の朝まで効果が持続するということもあり、1錠で週末を乗り切れることから『ウィークエンドピル』と呼ばれるようになりました。

シアリスの主成分であるタダラフィルというのは遅効性であり、徐々にゆっくりと時間をかけて効果が現れて服用して大体平均3時間から4時間ぐらいかけて効果が現れてきます。

効果が現れるまで時間がかかりますが、1錠服用しておけばその日いちにちは継続的に長く効果をもたらすので飲み忘れや薬を持って移動する必要もありません。

家を出るときに1錠飲んでさえ置けばいいので、大体週末にベッドインをするというのがお決まりになっているような夫婦関係やカップルであればシアリスが大変人気があります。

2002年10月にイーライリリー株式会社によってシアリスが誕生してバイアグラ・レビトラに次ぐ三番目のED治療薬として注目を集めてこれまで世界100ヶ国以上で1,000万人以上の患者に使用されてきました。

2013年の8月には全世界シェアが42%を超えて世界のED治療薬で1位に選ばれたED治療薬です。

日本では2005年の9月に承認されて2007年9月から販売が開始されました。

国際誕生が2002年の10月でも日本で発売が開始されたのが5年後ですからいかに日本の承認が良い意味で厳しく安全性を重視しているのかが分かりますが、その反面世界中で発売されて多くの人が利用していて効果が現れているのにも関わらず時間をかけすぎではないか?という疑問があります。

日本の医学はかなり遅れているのが分かりますよね。

よく日本の技術では救えなくても海外に行けば助かるかもしれないということで海外で医療をするケースがあるのはやはり日本の医療が遅れているからです。

世界中で認められて効果が実感できる最新の薬を利用したいと思ってもどうしていいか分からないという人もいますよね。最新の薬を試してみたいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを使えば良いのです。

よく海外の薬は大丈夫なの?とか効果があるの?って思われる人もいますが、薬というのはきちんと効果が現れることが認められて発売が許可されています。

安全に利用することは出来るので安心してください。でもどのサイトを利用すればいいのか分からないという人は医薬品個人輸入代行サイトの大吉ドラッグを利用して見ましょう。

最新の薬がカテゴリーごとに分けられて紹介されているので非常に見やすいです。

詳しく通販サイトでの購入の仕方についても当サイトで紹介します。

最新の薬ということでまだ日本でも病院で処方されていませんが、世界では次世代のED治療薬として注目されているステンドラという薬が開発されました。

日本の病院で処方されるのはまだまだ先の話ですが、世界ではジェネリック大国インドではアバナと呼ばれるジェネリック医薬品がもう販売されています。

ジェネリック医薬品というのは同等の成分が入っていて同様の効果が認められながら安く購入できる薬です。

これは特にアジア人向けに作られていると言われていて日本のEDに悩む人でも効果が特に期待できて今までのED治療薬のいいところ取りとされています。

こういった最新の薬が海外で次々と開発されています。

言ってしまえば海外の医療技術のほうが優れていて日本で発売されている薬のほとんどが海外で開発されている薬ですから海外の薬です。ED治療薬でいえば全て開発が海外から日本へと来てしますから安というのはないですよね。

ともかくED治療薬最初の薬バイアグラが基本となっていますからまずは最初の薬バイアグラについて詳しく紹介していきたいと思います。