EDを克服するために

EDは病気のサイン

年齢だけのせいではない


ED、勃起不全になってしまう原因は年齢のせいだと思っていませんか?

多くの人が年をとってしまったからEDになってしまったのではないかと思ってしまうかもしれませんが、それだけではありません。

もちろん年齢を重ねれば性的興奮自体や欲求自体が沸きづらいというのがありますが、30代後半や40代の人でもEDになってしまう人もいますし、20代でもEDになる人は居ます。

EDになる要因は色々とあります。むしろ年をとったからEDなんだと決め付けないようにしましょう。

EDは病気のサインとも言われていますのでEDになったら自分の体から何かしらのサインがあると思っていいでしょう。

ここではEDになる要因などを紹介していきたいと思います。

まずEDになってしまう原因で最も多いのが暴飲暴食などが原因でなると言われています。

糖尿病や高血圧症、脂質異常症などによって血がどろどろになってしまって血流が悪くなってしまって十分な血液が陰茎海綿体に集まらないようになってしまっています。

事実糖尿病の実に8割が自分自身がEDだということを自覚していますので自覚していない人も含めるとかなりの数になるのではないでしょうか?

暴飲暴食を避けるようにしましょう。

脂っこいものやお米などの炭水化物ばかりを食べないようにしてバランスのいい食事を摂る様にしましょう。

さらにはタバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎなどでも体に悪影響をあたえてしまいますのでなるべく控えるようにしましょう。

夜更かしや生活リズムが乱れていても体内が正常に機能を果たせなくなってしまって脂肪を貯めやすくなったり、ストレスが溜まりやすくなって暴飲暴食のきっかけになってしまいますので気をつけましょう。

他には手術や外傷により起こるEDが挙げられます。

前立腺がんや膀胱がんの摘出術、直腸がんの切除術などの骨盤内臓器を摘出する手術は、陰茎海面体の血管や神経を損傷するケースもあるようです。

前まではがんの手術といえば再発を防ぐためできるだけ多くの部分を取り除く手術が行われていました。

ただし、最近では手術後の生活をもしっかりと重視して、勃起機能を残すために神経や血管をなるべく残す手術法をとっている医師が多いのでまずは手術が必要だという人は話し合いを行うことが大切です。

泌尿器科系の手術などもEDになってしまいますので前立腺回りを手術をするときには医師に確認しましょう。

次に精神的なストレスが原因で起こってしまうこともあります。

若いうちからEDになってしまう人の多くはこの精神的ストレスが原因で起こります。朝から晩まで働いて将来の見通しもない状態で根つめた状態でいると性行為をする元気もなくなってしまって性行為どころか射精をしないこと自体に慣れてしまってそのままEDになってしまう人がいます。

他にはパートナーとなる女性から「Hが下手」などの辛辣な言葉にショックを受けてしまって性行為をすること自体を苦手と考えてしまってそのままEDになるケースもあります。

一言にEDになったとしても決して年齢のせいとは考えずに思い病気のサインかもしれないということを頭に入れておきましょう。