EDを克服するために

暴飲暴食を避ける

筋トレや運動が重要


ED治療薬というのは本当に素晴らしい薬ですよね。

これまで勃起不全に悩まされていた人だけではなくてパートナーとなる女性も安心して性行為が出来るようになりました。

EDになってしまったことで女性からしてみれば私に魅力がなくなってしまったのかな?私の体に飽きてしまったのかな?って思ってショックを受けます。

男性からしてみれば勃起不全になるのは病気のサインであり、魅力がなくなったというわけでは決してないといっても中々理解されないものですよね。

そういった誤解がよりプレッシャーとなってEDを加速させるものですが、ED治療薬が誕生したことによって多くの夫婦やカップルが救われたのだと思います。

ED治療薬を服用した人の8割が効果を実感できるということもあり、世界中で使われています。

しかし、いつまでもED治療薬に頼っていたらダメですよね。

金銭的負担がかかってしまいますし、出きる事ならば薬に頼らないで自分だけの力で勃起をしたいと男だったら思いますよね。特に年齢が若い人であればやはりまだまだ治すチャンスも多いです。

病気は治るものです。風邪とかみたいに1週間で回復するというものではありません。年単位での取り組みが必要ですが、EDになってしまっても治すことが出来ればEDだけではなくて体全体が良好な状態になっています。

ここではEDを治す方法を紹介していきます。

まずは食生活と生活リズムの改善です。

体内で脂っこいものばかり食べたり暴飲暴食をしたり、お酒やたばこで過剰に摂取していたら当然な体内はぼろぼろの状態です。

まずは脂っこいものばかり食べるのではなくてバランスのいい食事をとったり、お酒やたばこを控えるようにするのがED改善の第一歩です。生活リズムがうまく機能していない人はまずは生活リズムをただすようにしましょう。

次に筋トレや運動をする事が大事です。

EDの患者の多くが体内の血流が悪くなって血液がどろどろの状態になっています。血流を良くすれば陰茎海綿体にも血流が集まって勃起しやすくなるので血流を改善するためには運動が一番です。

いきなり10kmのランニングを1ヶ月間しましょうと言っても無理がありますよね。最初はゆっくりと散歩から始めていきましょうも最寄り駅の1歩手前で降りてそこから家路帰るとか、エスカレーターやエレベーターに乗っていることが多いのであれば階段を登るようにしましょう。

家に休日は閉じこもっていたりすることが多いのであればジムに行って汗を流しましょう。

慣れてきたらランニングや筋トレをするようにしましょう。

男性は体が絞れてきたりすると自分に自信がついたり、男性ホルモンが性行為にも前向きになってきます。男性が筋トレをして悪いことになることはないので積極的に運動をしましょう。

最後は性行為を沢山するということです。

特に若い男性でEDの人は性行為に苦手意識を持ってしまっている人もいます。

誰だって最初からうまいという人はいません。徐々にうまくなっていけばいいですし、今は性行為を補助するアダルトグッズなども販売されているのでそういった道具を使って性行為をしてまずは慣れることが大切です。

こういった改善をしていくことでいきなりではないですが、徐々に自分の中で変化となって現れてくると思います。