妊娠や胎児への影響

影響は一切ない

不妊治療専門医の太鼓判


ED治療薬を利用している人の中には妊活に励んでいる人が服用しているケースも珍しくありません。

今までは2人の時間を大切にしていた夫婦もそろそろ子供作りを真剣に始めようかと思って妊活に入ろうと思ったら旦那がEDになってしまったということは良くあります。

妊活の第一歩として大切なのが排卵日に合わせて性行為を行うことなのですが、今まではその日の気分に合わせてベッドインをしていたものが、いきなり決められた日に必ずしなければいけないということにプレッシャーを感じてしまい、どこか作業的な感覚になってしまって自分の中で性的興奮が沸きづらくなってEDになってしまうことになります。

女性からしてみればようやく子作りをするために動き出そうと思っていたのがいきなり旦那が勃起しなくなってしまったというのは予定外のことだと思います。

女性は特に家族や友達などの周りから子供はまだなの?って言われて気持ちが滅入っている人もいます。

妊活を始めて毎月生理が来るたびに絶望を味わっているわけです。

今ならば人工授精というものがありますが、まだまだ値段も高いですし、女性はかなりの痛みを伴うと言われていてこれだけ辛いのであればもう妊活をしたくないという気持ちになる人も多いです。

何よりもなるべくならば自然受精をしたいと考える人が多いです。

女性が辛い思いをしているのであれば男性としてはせめてきちんと性行為が出来るようにEDにならないようにしたいところですが、そういったプレッシャーがますますEDになっていきます。

EDになってしまってますます夫婦仲がギクシャクしてしまったというところも珍しくありません。

だからこそED治療薬を使ってでも勃起をすると考えると思いますが、不安に感じるのが赤ちゃんや妊娠しづらくなるのではないか?という不安ですよね。

ED治療薬を服用したら染色体異常などの影響をするのではないかとか不安に感じる部分もあるかもしれませんが、勃起不全治療薬は血管を拡張させて血流を陰茎海綿体に集める効果があります。

一切精子や卵巣に影響を与えることはありません。これまでにED治療薬が原因でなにかしらの影響を与えたというケースは一件も報告されていません。

それこそ不妊治療の専門医が今までEDじゃなかった人に対しても念のためにED治療薬を渡すことだってあります。

ですから安心して服用することが出来ます。

もちろんそれでも不安だという人は不妊治療専門医の相談をしてもいいと思います。

不妊治療中は色々とナーバスになりやすいものですからまずは性行為をきちんとできる状態にしておきましょう。